こころ寒くてもだんご汁食べればあったまるよ!!、、、>ブログ。


by naka-mr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
先週地元に帰省していたのだけど、
ラーメンを食い忘れて、温泉も入り損ねてた。
でもまあ、
本来の目的の友人の結婚式は無事終えたので大丈夫。

あとカラオケ。
スーパーヒーロー戦隊の主題歌メドレーを敢行できたのでよし。
意外といろいろ覚えてるもんだなぁと自分で感心したり。
ただそれに気を取られるあまり、
今期の主題歌とかほとんど歌い損ね。
ボカロはひとつ入れれたけど、東方は一曲も歌ってないとかなんてこと。
まあ結論からいうと3時間じゃぜんぜん足りないってことで、
次はその2倍、いや3倍くらい時間取んないと。

今回は週末三日の強行軍だったけど、
次はゆっくり余裕もって里帰り楽しみたいもんで。
やりたいことはいっぱいある。

次のお盆あたり。
いろいろと楽しみに、。
[PR]
# by naka-mr | 2011-06-25 04:09
褒められたら褒め返す、っていうコミュニケーションは大事ですよね。
最近そんなこと考える機会が多くて、
でもなかなか実践できないのが悩みの種で。
そうそうひとに褒められる機会もなくて、
たまに褒められても、とっさに褒め返すことが思いつかない。
おそらく褒められ慣れていないのが原因。
ちょっと褒められるだけで舞い上がってしまって、そしてお返しまで行き着かない。
どうにかこのあたり強化できないかな、、、
なんて思ってたところに渡り舟。

巷で噂の"ほめられカフェ"に行ってみた。
その名の通り、店員さんがひたすらお客を褒めまくる喫茶店。
褒めて、良い気持ちになって貰うというコンセプトの、
いわゆるヒーリング施設のようなものと思っていただければ。
目的は褒められ慣れること、
そして褒め方を学ぶこと、
そのプロのワザを盗もうとか狡いことも考えて。
あとはまあ、
ホントにどんなお客さんでも褒めるポイント見つけて的確に褒めてくれるのだろうか、
という興味もなきにしもあらず。

どんな褒められ文句が来ても怯まない、
と意を決してそのお店に。
お店の扉を開け、呼び鈴を鳴らすと、
「いま素晴らしい音色が店内に響き渡りました!」
といきなりの先制、さらに、
「美しいベルの音から、想像通りの素敵な方ですね!」
と追い討ち。
若干退きつつ席に案内される。
もちろん案内されるうちも止まることなく褒められ続けてたけど、
なんか全部書くとメンド、、、いや。
いちおうカフェと銘打っているだけに、メニュー一通りは揃っていて、
とりあえず珈琲、ブレンドを注文すると
「外暑いのにホットを注文されるなんて、通ですね!」
とすかさず褒めてくるのはさすが、なのかなあ、、、
出鼻を挫かれて忘れかけてたけど、
自分も褒め返すのも実践してみる。
ちょうどお店が空いていたので、店員さんと雑談しつつ、
ところどころに褒め手いれたり、入れられたり。

褒める→褒め返す→さらに褒める→負けじと乗せて褒め返す、
というキャッチボールが延々と続く。
「逆に褒めてくださるなんて、癒されます!」
とまあ、根比べみたいな感じになってはいたものの、
褒められ、褒め方は身をもって経験できたかの。
やや無理矢理な褒め具合かもなのは置いといて。

今回は他にお客さんいなかったので観察できなかったのだけど。
次はお客さんいるとき狙って入って、
自分ならどう褒めるか、とか考えてみるのも面白いかも。
もしくは自身が絶対に褒められない風体で行ってみて、
どう対応されるかを見るとか、、、はいささか趣味が悪いかな。


いろいろ楽しみ方が思いつく、
というかまあ、いろんな人とおしゃべりするのは楽しいよね。
会話の方法も意識してないと身に付かないもので、
今回はほめられカフェで褒められて、でも褒められてるだけじゃなくて褒め返すことの練習もしたりして。
何事も勉強なのなぁと感じました。

ついでに、
ひとの表情から本気かどうかを読み取る練習とか、
まあそれはまた別のハナシ、。
[PR]
# by naka-mr | 2011-06-05 15:14
なんだかんだで東方、好きなので。
DVD出るならとりあえずチェックはする。
それが実写でも。

それ何?ってまあ詳しいことは察してもらうとして。
今回のDVD、実は2作目で、
前作の評判があまりにもアレだったのだけど、
再度出すっていうことはそれなりに需要あったということなのか。
ちなみに前作ももちろんチェック済み。

ただコスチューム身に付けてただけのような前作と比べると、
今回は若干元ネタ入ってる模様。
でもドロワーズの下って普通履かないよね、は云々。
セリフもそれとなく付いてて。
ドラマ部はあったほうがいいかというと、
それはまああったほうがいいのだろうけど。
でもいらないなァ・・・と感じてしまうのがこのメーカーのクオリティ。
本気でこだわって作るんならもっとやりようがあるはずなのに、
あえてこの程度にとどめているのは、意図してこうしてるとしか思えないので―
わざとネタ系に仕上げてるのだと勝手に解釈しとく。
それ踏まえて観れば、
そこそこ面白い部類に入ると思うのだけどどうだろう。
全部につっこみ入れてると大変疲れるので、
こういうもんだと割り切って、素直な気持ちで臨めば大抵のものは許せると最近知りました。

ただ相当な覚悟がないと、
ものすごくイライラするだけの作品なのでオススメはしない。
て結論で。


でキャスティング、というかキャラのチョイスは誰が決めたのかの。
アンケート、じゃない様な気もするし、大元の人気順でもないような・・・
自分ならアレとコレを入れたいとこだけど、
なんて企画考えてみたりして。

じゃあまあ、
とりあえずメーカーサイトにアンケート・感想メール送っとこう。
別に次に期待とかでなくてただ純粋にイチ消費者として!!

そんなかんじで、。
[PR]
# by naka-mr | 2011-05-28 12:47

まさにごっど

ELISAさん、
もとい
Oratorio The World God Only Knowsの新譜、
"A Whole New World God Only Knows"を入手できて幸せ。

歌い手さんが増えてる?
と思ったらその通り。
コーラス部とかますますカラオケで歌い難い。
でも挑戦する。
夏までには歌えるようになりたいけども、
難しいかの、、、

でも前の"God only knows"はなんとか歌えるようになったので、
練習すればいつかきっと。


ただの日記と見せかけて、
実はアーティスト、曲紹介がしたいだけだったり。


そんなかんじで、。
[PR]
# by naka-mr | 2011-05-21 12:42

銀河英雄大帝国レポート

「大帝国」一週目終了。
だいたい丸々二日くらいかけてたか。
それでもまだ全イベントの一部しか消化できてないだろうから、
先は長い。

戦略シミュレーションなのでルートが無数に存在するから、
コンプリートまで一体どんだけ時間かかるのやら。

それよりも今回の「大帝国」。
モデルが第二次世界大戦で、
当時の事件やら人物やらネタが面白い。
あとアリスソフトの男連中はあいかわらず熱い。
女子連中はほっとかないシチュエーションとか盛りだくさんなのだけど、
ゲームの内容がアレなのでメジャーにはなりきれないだろうのが残念。
コンシューマに移植も難しいかも、、、 アレなので。

でもこの大作、このまま一部で盛り上がるだけではあまりにも惜しい。
TVで106話くらいにまとめて映像化すればいい。
めざせ銀英。


さてそそくさと二回目開始しようか。
次はゆっくり楽しみながらやろう。

そんなかんじで、。
[PR]
# by naka-mr | 2011-05-14 12:55