こころ寒くてもだんご汁食べればあったまるよ!!、、、>ブログ。


by naka-mr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

しあわせビブリオン

知る人ぞ知る世界初のプロ格闘ゲーマー、
ウメハラ氏が成人漫画雑誌で女性化してあらぬことをされている―。
って本人が知ったらどんな気持ちだろう。

とか思いながら今月のポプリクラブ読んでいた。
最近パロディものが多いとは思ってたものの、
実在人物をネタにしちゃったらさすがにマズイんじゃなかろうか。
面白いけど。

ポプリクラブも毎月購読してて、
かれこれ5年分くらい雑誌たまっている。
なかなか捨てられないのはわりと頻繁にバックナンバー漁って読み返したりしてるから。
一般誌と違って必ず単行本化されるというものでもないので、
どうにか雑誌掲載分を保管しておきたい心情。
まあ雑誌自体が捨てにくいっていうのもあるけど。


基本的に本を捨てたりするのが苦手、なのかもしれないか。
実家にも雑誌やら溜まりっぱなしだし。
いまさら処分するのももったいないし、
それにそこそこレアなものもあったりするし。

漫画タイムきららの創刊号とか
らきすた第一話が載ってるコンプティークとか、
人によってはそこそこのお宝じゃないかと思うんだけどどうだろう。


いっそ思い切って全部デジタルに落として見ようかと考えるけど、
スキャナーがないことには無理でして。
購入検討してみようか、
でもこうページを手でめくってく楽しさはデジタルじゃ味わえないんじゃないかと思うとなんとも。


本読みにも時代の波が押し寄せているの、
というハナシでした。
ウメハラ氏はこれからもがんばってほしいと思います。
[PR]
# by naka-mr | 2011-11-02 19:23

2011の4期の始まり

「まじんプラナ」はいつTV放送開始するんだろうー、
と思って漫画の3巻見直してたら、、、
かれこれ一年くらい担がれてたのか―
まあいいけど。
それはそれとして今期の期待とか。


「境界線上のホライゾン」
いまどき珍しいファンタジー異世界モノ?
亜人とか悪魔とかいろいろ出てきて学園生活、なのだろうけど。
世界観とかわけわかんないなァ、、、
いや一応説明はちゃんと聞いてたのに。
変なところで修正入れてるのもなんだかな感じなので早々にドロップします。


「侵略!?イカ娘」
海の家2期目。
安定した面白さはさすがです。
のんびり眺めて楽しめるのでもちろん見続け。


「たまゆら」
最近ひとつは必ず見かける女の子たちの日常話。
とりあえず一話だけ見てみようと思って、
あまりにもゆったりしてたのでどうかなーって感じはしたものの。
なんか意外におもしろい?
しばらくチェックしときます。


「マケン姫」
ラブコメなのか、
にしてもいきなり+4人同居開始は急展開過ぎるかと思う。
あ原作がそうなのですか、じゃあ仕方ないか。
間違いなく今期のパンツ枠に違いないのだけど、
修正って一点だけに絞ると余計にえちいです。
制作が好きなとこなので一応観とく方向で。


「僕は友達が少ない」
タイトルからして自分の心えぐってくる。
どうしたら友達ができるのかわからない、ってその気持ち分かります。
もしかしたら何かの役に立つかもしれないので観とこう。
井上麻理奈さんが珍しい役どころであるのも見どころかの。


「ペルソナ4」
え、3と2はいつやったの?
まあおいといて。
ゲームやったことないけど、良い機会なので映像から入ってみよう。
異憚学園モノで間違いないはず。


「真剣で私に恋しなさい!!」
ゲーム原作の学園友情物語。
第一話でこのエピソードか―
最初から大人数登場させちゃうと一見さんには辛いんじゃないかな、とか。
ただゲームのシナリオ流すだけじゃなくて安堵したものの、
今後どうなることやら。
下手に人数多いだけにシナリオ廻すのが難しいだろうけど、
楽しませてくれるとありがたい。
昔こんなことあったなー、って感じで昔話始めるのもアリかと思うです。


「灼眼のシャナⅢ」
前期の切り方があんなだったのはどうして、と気になってたけど。
今期の第一話観て納得。
まさか彼があんなことになってたなんて、そりゃあそこで切らざるを得ないか。
でもその後の展開がラノベすぎるってのは―
気にしないでおこう。


「ましろ色シンフォニー」
学園ラブコメ。
何気にゲームをプレイ済みで。
それがまあなんというかすごく良い出来で。
おおよそ学園恋愛ゲームとしては最高峰と言っても過言ではないレベルのものなのだけど。
映像となるとどうかなぁ。
いろいろはしょらなくてはならないだろうし、実際一話目観た限りじゃあまりときめきませんでしたし。
野良メイドがどんだけ動き回るかは楽しみなので観続けます。
あとゲームもう一度やり直そう。


「Fate/Zero」
stynightの前の話。
小説面白かったのでシナリオは全然心配してないけど、
映像のクオリティがハンパねぇですので今期上位は確定かと。
小説読みなおそうとしたら誰かに貸しっぱなしだった!!
ライダー組の出番が多いと嬉しいです。


「バトルスピリッツ覇王」
異世界とか魔族とかどうでもよかったので、
シンプルにカードバトルやってる今期はすごい面白い。
バトルフィールドの構成とかちゃんと説明ついてるのは今期から。
あえて言うならメガネ分がほしいところ。


「ガンダムAGE」
これはアレだ、勇者シリーズだ。
と思って観ると意外と面白いよ?
家事とかやりながら横目で観よう。


「未来日記」
その日の自分の行動が携帯に表示される×12人でシークレットゲーム。
面白いのだけど、ちゃんと完結するのかどうか。
一応原作は終了してるらしいけど、まあ気になるので観ときます。
意外とかわいいファーストの少年の声に慣れなくては。


「ベン・トー」
スーパーの半額弁当をめぐって毎日死闘を繰り広げる人たちの話。
ネタは面白くないこともない。
でも個人的にコンビニ弁当とか嫌いなのでちょっと、、、
効率的に自炊すりゃいいのに馬鹿なんじゃない、なんて言っちゃいけないのはわかるけど。
半額をダシにして暴れたいだけにしか見えないので好きにはなれない。
余裕あったら観る。


「WORKING'!!」
北海道ファミレス職員たちの日々を描くコメディ+若干ラブ。
一期目同様安定感、OPもいい感じです。
そしてメガネさんもちゃんといた!?
一瞬だったけども!!


「琉人マブヤー」
マブヤー放送してる!!
沖縄ローカルヒーロー番組がこっちにも進出してきてるとは、、、。
字幕もついて見やすくなって。
OPはカラオケで歌えるよう練習しようっと。



と今期はこんなかんじ。
いつも以上に多いなぁ、、、
まあ土日使って何とか消化していくか。
全体的にラブコメ枠が多いのとゲーム原作も多い。
好みなだけに楽しい三ヶ月になりそうな予感。

年末はイベントも目白押しなのでちゃんと計画立てないと。
まあそんな感じ―、。
[PR]
# by naka-mr | 2011-10-16 01:37

2011の3期めのまとめ

今期は全体的になんかゆるく終わるのが多かった気がする。
まあそんなこんなでまとめます。

「神様ドォルズ」
原作はまだ連載中なのでどうまとめるかと思ったけど、
まあこうなると思いました。
1クールでまとめきれないのはわかるものの、
あからさまに続きます、なラストはどうかと。
というか、
なんかこのまま闇に葬られそうな気がします。
あでも十分おもしろかったのでそれでもいいです、胸とか。


「猫神やおよろず」
しょっぱなからがっかりしてしまった番組なのだけども、
やっぱり最後まで今一つなかんじ。
漫画は好きなのに―。
なにが良くないのかうまく説明できないので一度見てみるといい。


「うさぎドロップ」
勉強になりました。
緊急一時保育とかそんな制度全く知らないし、といっても利用する機会はないか。
実写劇場版も公開中で、人気出たと思います。
まったり面白かった。


「まよチキ!」
思いのほか面白かった!
特殊な性癖の主人公を更生させてゆく話―
かと思ったら普通のどたばたコメディでした。
だがそれがいい。
綺麗にラストまとめた、と思ったら最後にプラス日常の話がひとつ。
おもしろかったけど、なぜその順番になったのか疑問。
入れ替えちゃいけなかったのかと。


「バカテスに」
おもしろかったけどテーマがさっぱりわかんないのが。
まあそんなこと気にせず、素直に楽しんでればいいか。
恋愛モノに話がいかないのは最初からわかってたけど、
なんか適当に終わってる感が否めない、、、
1期もそんな終わり方でしたよね。

「ダンタリアンの書架」
ガイナックスらしさが出てるようなそうでないような、
でも面白かったです。
事件発生→解決、で一話オムニバスは見やすくっていい。
最終的に読み姫って何者?とか疑問は残るけども。
一話完結で眺めてる分は良い。
最終話は―、
うんまあ、これでいいや?


「神様のメモ帳」
渋谷が舞台でなんか見知った風景がところどころに見切れるのがなんか変な感じ。
探偵譚だけど、推理して解決、
というのじゃなくて人海戦術、調査など駆使して挑むスタイルはある意味正統派探偵モノ。
ラストもうまくまとめてたので良い。
続く感じじゃなかったけど、
ネタさえあればいつまででも続けれそうな気がします。


「シュタインズゲート」
2クール楽しませていただきました。
前半でしっかり地盤固めて、後半の連続転換の盛り上がりが素晴らしい。
若干ラストまで突っ走り気味だったけど、飽きないつくりだと褒めちぎり。
最終的にオカリンが格好良くなって満足。
だがリア充め、、、


「ネギま!?(再)」
うん最後までみました。


「灼眼のシャナ2(再)」
数年前にワンセグで見てて、
ラストの戦闘後どうなったのか覚えてなかったので見てたけど。
戦闘後にエンディングなく終えてた、つまり記憶どおり。
来季のサードに期待。



それなりに面白いのが多い気はします。
続く、で終えるものもあったりだけど、
きっかり終わらせるものもありで良いバランスかと。
あとは、
継続で「アイマス」と「廻るピンぐドラム」見てるものの大分たまってるので近いうちに消化と―
すでに4期めもぼちぼち始まってるしで。
いろいろ楽しみではあるけど時間が。

まあそんなかんじでー、。
[PR]
# by naka-mr | 2011-10-10 15:14

ゆにゆにっくす

機動戦士ガンダムUCをまとめてみる。
そのうち保管しようーとは思ってて、
今回ちょっと機会ができたので―
というのもUCの最新作、劇場版の試写会のチケットを入手できて。
これまでのepsode1~3はTUTAYAで借り、
予習して試写会に挑む。

実際の劇場公開は来月なので詳しくは語れないのが残念だけど。
まあー面白い。
最近のTVガンダムとは違うオールドタイプの流れが良い。
最近のも面白くはなくはないけど、やっぱりこっちのがしっくりくる。
詳しく語れないのがほんと残念。
とはいっても先のとおりepsode1,2,3はTUTAYAで借りれるので気になったらそっち見て。

見たら必ず気になるのが劇中に流れる音楽。
今回の試写会ではその演奏会も含まれていて、
オーケストラで奏でる楽曲が素晴らしかった。
そしてその演奏前のナレーションに、
渋めのオジサマが登場した、と思ったら声聞いてびっくり。
池田秀一さんご本人だった。
感極まって一瞬で体中に電気が走るような感覚がちょっと気持ちいい。


とまあそんな感じの試写会でした。
試写で一回見ちゃったけどDVD出たらまた見よう。
サントラも今度借りに行こうー、
とTUTAYAさまさま。
ナイス便利、。
[PR]
# by naka-mr | 2011-10-02 16:34

最近のニチアサ

仮面ライダーフォーゼが意外と面白い。
デザインがダサすぎるのはどうしようもないけど、
主人公の熱血バカっぷりがたまんない。
一昔前の良いヤンキーって珍しいし、
そのヤンキーが駆け回って空回りする様は見てて超楽しい。

今回の舞台が学園なので、
これからいろいろ学校イベントが発生していくんだろうと予測。
学園ものも好きなので良い。
世間一般的にヤンキーは煙たがられる傾向にあるけど、
いまのところこの主人公そんな感じ。
でもOPの映像見る限りなんかみな仲良くしてる気がするので、
これからいろいろ友情深めてって和解するに違いない。
今後の展開も楽しみです。


ゴーカイジャーはピンクの可愛さをどうやって魅せるかにこだわり過ぎかと思う。
ハリケンジャー地獄耳の術とか、やる気無くなるビームのときとか。
劇場版で幽霊がピンクのスカートはためさせた時に思わずGJ!と思ってしまうあたり自分も相当やられているとは思うけど。

それはそれとしてやっと念願のライブマンの話が出た。
ちょうどリアルタイムで見てた戦隊なのでうれしい。
と思ってたらシルバーからひとこと、
「俺が生まれる前の戦隊ですから」ってそうかそんな世代か、、、。

友よどうしたライブマン、のとおりライブマンの敵側には幹部に戦士たちの友人らがいて、
一緒に平和のために研究していた友がなぜ悪の道に走ってしまったのか、など
子供の時分にはちょっと難しいテーマだったと思うけど、しっかり考えて観ていたのを覚えてる。
その友との最後の戦いは涙ながらにみてたなぁ、と
そんな5歳児はなんかやだ。

ゴーカイジャーライブマンのロボ戦闘シーン。
舞台が夕焼けの森ってこれなんかものすごい見覚えある!!
なんかライブマン見直したくなってきた。
DVD化されてるかわかんないけどTUTAYA行ってみよう。



スイートプリキュアが3人組になって落ち着いたかと思ったら、
2人のとき以上に多人数でいちゃいちゃしだしたのでなんだか観てるこっちが照れる。
ゴーカイジャーで燃えて、ライダーで爆笑して、
そんでプリキュアで悶えるみたいな。
なんかそんな日曜スタイル。

とはいえこれが1週間のリフレッシュになってるもんで、
相変わらずニチアサに支えられてる日々。

まあそんなかんじで―、。
[PR]
# by naka-mr | 2011-09-19 13:05