こころ寒くてもだんご汁食べればあったまるよ!!、、、>ブログ。


by naka-mr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

免許証も、。



サイフ忘れた。
でもケータイデンワとかたまごっちとかはバッチリ持ってきてるんだ、○○の人。



月末でいよいよふところがヤヴァくなってきてるのだけど、
まぁ財布忘れてきてる故、お金使おうにも使えない。
ひとつの怪我巧妙としておく。


学生は無駄使いせずにおとなしく部屋に篭っているが宜しいと、
ちょうどよく来週は連休入るしな。


んでもって次日曜にバイト代貰うけど一才使わないで自宅で過ごす予定。
連休全日雨でもOKだ。
むしろ望むところ、。
[PR]
by naka-mr | 2006-04-28 11:41

天井裏の散歩者。



見・ラ・レ・テ・ター、。
そりゃあたまにはポエマーにだってなりますよ、○○の人。



-



一区切りのテスト終えての一週目だったてことで、
多少の落ち着きを取り戻し、少し遅れての新学期始まりって気分だった今週。

先週は何かとフラフラしてたし、
ぶっちゃけ正規の授業よりもテスト対策の方を重要視してて、居眠りしまくってたし。
あるていど寝なくっても人間動けるもんですよな、フラフラになるけど。


ああいや、、、
フラフラしてんのはいつもどおりだから大した変わりはないか。
つーかまあそういうスタイルを決めてんだけど。




気持ち『クラゲのように歩く』のを心がけて。







あんましフラフラしすぎるのも良くねェとは思うけど、
まぁぴしぴし背筋伸ばして頑張るのは他の人がやってくれると期待してる。

そして僕がそれをプラマイゼロにするわけだ。






逆に周りがだらしなくしてるとそれを埋めるべく一寸マジメぶったりしたくなるというヘンテコ気分もある、
そのときの残り体力次第だが。

かと云って、キミたちしっかりし給えよ!!とゲキを飛ばすほどでもないのが僕。


やっぱそういうのは他の人に期待したいし。









そんな適当な材料を最適な場所に置いておきたいようなスタイル。

-
[PR]
by naka-mr | 2006-04-23 00:32 | 駄文。

ゴンベェ。



腸・金欠。
むしろ・金欠。です○○の人。



今月はあと2週間、漱石先生お二人のチカラで乗り切ろうと思っていたのだけど
もう――無理だ。
ていうかサイフのなかには72円しか入ってないしな。
最後の切り札用に常時装填してある250コロナはこの国じゃ使えない。


原因はな、
まぁ、、、当たり前に無駄遣いのセイで。

そんで昨日はあったはずの夏目先生はというと、
ガッコの教科書買い忘れてたやつ買わなきゃでオサラバしたのでした。



教科書ってことで図書券使えそうなカンジやけど
この前も貰ったヤツはついうっかり全部使い切ってしまってて。
一枚でも残してれば大分違ったと思うけどなァ、、、

全く、
水木しげる妖怪全画集とか買うんじゃなかったッ!!


に さ つ も ! !




例によって一度買った本は手放せないヒトなもんで、
リアル換金とかもできねェのな。

つーか、売りつけるにしても身内は誰もこんなん読まないと思うけど。



---


ところで今週末はサンジョルディの日ですぜ。

イヤガラセ計画発動準備。
[PR]
by naka-mr | 2006-04-19 13:07

残留久遠。



やっと会えた、お久しぶり。
貴方と再会するために、想いをはせてもう半年です、、、。



初めて出会ったのはちょうど一年前、
そのときの僕はどうしようもなく無知で、君を目の前に何もすることも、
言葉すらかけることも出来ませんでした。
表面上は無関心そうに振舞っているよう見えたのかもしれませんが、
実は内心、ただただ戸惑うだけで動く事すら出来なかったのですよ。


その半年後、暮れる秋空のもと、貴方と2度目の再開をした僕は、、、


・・・それでもまだまだ貴方と会うには早すぎたようでしたね、。
結局僕は以前と何も変わってはいなく、
正面から貴方と向き合う事もできずに、、、。
あろうことか貴方との時間が早く過ぎ去ってしまうようにと、願ってさえいました。
自分の感情も、この気持ちの意味さえも理解できずに、ただ今まで感じた事の無いこの感情
を、おそらく心地悪く思っていたのでしょう。




そしてそれからまた半年。


逃げ出したくなる衝動は常に付き纏い、
諦めの言葉は咽のすぐそばまで出かかっていたのです。
それを必死に飲み込み、
張り詰めた緊張の糸を切らずにここまで耐えられたのは、
一重に貴方へ対するこの気持ちがあったからこそでした。




せめて一片でも、この想いを貴方に伝えられたら――、と。





再開した貴方は前と少しも変わってはおらず。
桜舞う教室で貴方を見つけた瞬間、一年前の出来事をまるで数分前の事かのように思い出してしまいました。
もう一年も経っているのに、こういうこともあるんですね。



三度目の再開、


それでもやはり僕は貴方に何も話すことは出来ずに、
そして貴方からも僕に何も語ることはありませんでしたね。
言葉を紡ぐよりも、まず僕は貴方に会えた事が嬉しく、
前日まで必死に考えていた冗句も全て忘れてしまっていました。



でも、僕はそれで良かったと思います。
僕達は何ひとつ言葉を交わす事も無かったのですが、それでもちゃんと、
正面から向き合えたのですから。



偶然の、数時間の出会いで、何も知らずにまた別れる、、、

たったそれだけの事ですが、
紛れも無く、僕と貴方と出会えた事、、、
きっとそれはあるべき邂逅であったのではないでしょうか。







別れるのはまたの再開を願うため、と。
詭弁でしょうが僕は貴方に別れを言います。












さようなら、
もう二度と会いたくありません。










-




とかそんな基本情報処理技術者試験。
[PR]
by naka-mr | 2006-04-17 13:24


基本情報技術者試験が近づいてきたのでもう勉強ばっかやるしかない。

前回からもう半年前も経つのかと、、、早いもので。



なんかね、
なんだかね。


雨の中駅伝ゴッコとかやってるバヤイではなかったよ。
ていうか警報とか出てる日に決行はないだろうよ、、、

予定どおりの雨天決行にも程度ってものが、。


-


一応今日で春休み終了だったのだけど、
まあもともと学校にはほぼ毎日行っていたので休み明けってカンジはしない。
ああ変わるのは学年とか授業内容とかそんなんですか。


とはいえ上の試験まであと一週間切ってるので新しい授業より試験対策にチカラ入れときたいとこ。
休み中は深夜間に勉強がよくはかどったものですが、学校始まるとなると――
そのサイクルとか変えなきゃですなァ、。

夜更かし中には柿の種とかつまみながら野菜ジュース啜るのがなんかスタイルになってる。



ところでこの柿の種ってヤツですけど、
この袋の中にピーナッツを入れると柿ピーってヤツに変わる不思議モノ。
でもなんだか、
柿ピーをつまんでいるとどうしてか最後にピーナッツばかり残るんですよな。
なら最初からピーナッツ抜きの柿の種のみのやつを食えば良い、ってハナシ。

しかしアラレだけだとこれまた何故か味気ないような気が。





ということは、ああそうか。
先に柿ピー食べて余ったピーを別の柿の種に混ぜちまえばいいんだ。

とかそんなかんじで、。
[PR]
by naka-mr | 2006-04-10 23:05