こころ寒くてもだんご汁食べればあったまるよ!!、、、>ブログ。


by naka-mr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日替りサンジョルディ



石田依良さんて男のヒトだったんスね。

いや、著作本的にてっきり女性かと思ってたんですけど・・・ちょいオドロキました。
まだまだ修行が足らんです。



---



なにか今週は読書週間だとか。


とか云っても別に普段から本とか読まないわけではないのであんまし関係ないね。


むしろ高校まではこの時期は本読まない週間だった。



普段どおり休み時間に本読んでても妙に周りの目が気になったりで、
自動的に『読書週間だからとりあえず本読んでるヒト』ってレッテル貼られたりとかな。




今となってはまあ気にすることでもなかったようなことと思うけど。

おかげで当時の今ごろはまあ、よく休み時間に居眠りしてたなあってこと。




-



せっかく本お話ししてるので最近読んだ本を紹介。




そのいち、
『ネコのヤンシリーズ イスタンブールの占いウサギ』
町田純著。


ストーリーは、つーと。
ロシアから亡命してイスタンブールに流れ着いたネコの話で。
職を探しながら日々を過ごすネコとその他の動物たち(人間含む)の間の抜けた日常を連ねた物語。

まーネコはネコなりに、カラスはカラスなりに、ロバはロバなりに、ウサギはウサギなりにいろいろあるよなぁとか思わせるそんな本でした、。


ネコの書いたおみくじ読んでロシアへの帰国を決意する元軍兵さんとか、、、いい感じ。






そのに、
『ニンギョウがニンギョウ』
西尾維新著。


講談社ノベルスなのに箱入り仕様でしかも小さいのに千五百円もした。



酷い。
内容も酷い。
なんて云うか・・・最低。




話はもう、身も蓋もないうえに支離滅裂てかんじで、
ちょいと説明しますと―



語りべ(たぶん主役)は17番目の妹がこのたび自殺してしまったので映画を観に行くことにする。
17番目の妹が死ぬのはこれで4度目、期間的にだいたい5年ごとに死んでいるようだ。
前回映画を見たのも5年前であったため結果的に妹が死ぬたび、映画を見ていることになる。
自分より年上の妹の弔いというわけではないが兎に角、今は映画を見なくてはならないので語りべは3足の靴を履き家を出た、、、。






――つー話。



正直よく読み切ったもんですが。
でもまあ全部判って読むと結構面白かったりするので不思議ですな。





勿論お薦めしないので。
興味を持って後悔しても責任取れねぇス。






そのさん、

―は無しで。


長くなったので一旦区切りま。
[PR]
by naka-mr | 2005-10-27 15:32 | 駄文。