こころ寒くてもだんご汁食べればあったまるよ!!、、、>ブログ。


by naka-mr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2011の3期めのまとめ

今期は全体的になんかゆるく終わるのが多かった気がする。
まあそんなこんなでまとめます。

「神様ドォルズ」
原作はまだ連載中なのでどうまとめるかと思ったけど、
まあこうなると思いました。
1クールでまとめきれないのはわかるものの、
あからさまに続きます、なラストはどうかと。
というか、
なんかこのまま闇に葬られそうな気がします。
あでも十分おもしろかったのでそれでもいいです、胸とか。


「猫神やおよろず」
しょっぱなからがっかりしてしまった番組なのだけども、
やっぱり最後まで今一つなかんじ。
漫画は好きなのに―。
なにが良くないのかうまく説明できないので一度見てみるといい。


「うさぎドロップ」
勉強になりました。
緊急一時保育とかそんな制度全く知らないし、といっても利用する機会はないか。
実写劇場版も公開中で、人気出たと思います。
まったり面白かった。


「まよチキ!」
思いのほか面白かった!
特殊な性癖の主人公を更生させてゆく話―
かと思ったら普通のどたばたコメディでした。
だがそれがいい。
綺麗にラストまとめた、と思ったら最後にプラス日常の話がひとつ。
おもしろかったけど、なぜその順番になったのか疑問。
入れ替えちゃいけなかったのかと。


「バカテスに」
おもしろかったけどテーマがさっぱりわかんないのが。
まあそんなこと気にせず、素直に楽しんでればいいか。
恋愛モノに話がいかないのは最初からわかってたけど、
なんか適当に終わってる感が否めない、、、
1期もそんな終わり方でしたよね。

「ダンタリアンの書架」
ガイナックスらしさが出てるようなそうでないような、
でも面白かったです。
事件発生→解決、で一話オムニバスは見やすくっていい。
最終的に読み姫って何者?とか疑問は残るけども。
一話完結で眺めてる分は良い。
最終話は―、
うんまあ、これでいいや?


「神様のメモ帳」
渋谷が舞台でなんか見知った風景がところどころに見切れるのがなんか変な感じ。
探偵譚だけど、推理して解決、
というのじゃなくて人海戦術、調査など駆使して挑むスタイルはある意味正統派探偵モノ。
ラストもうまくまとめてたので良い。
続く感じじゃなかったけど、
ネタさえあればいつまででも続けれそうな気がします。


「シュタインズゲート」
2クール楽しませていただきました。
前半でしっかり地盤固めて、後半の連続転換の盛り上がりが素晴らしい。
若干ラストまで突っ走り気味だったけど、飽きないつくりだと褒めちぎり。
最終的にオカリンが格好良くなって満足。
だがリア充め、、、


「ネギま!?(再)」
うん最後までみました。


「灼眼のシャナ2(再)」
数年前にワンセグで見てて、
ラストの戦闘後どうなったのか覚えてなかったので見てたけど。
戦闘後にエンディングなく終えてた、つまり記憶どおり。
来季のサードに期待。



それなりに面白いのが多い気はします。
続く、で終えるものもあったりだけど、
きっかり終わらせるものもありで良いバランスかと。
あとは、
継続で「アイマス」と「廻るピンぐドラム」見てるものの大分たまってるので近いうちに消化と―
すでに4期めもぼちぼち始まってるしで。
いろいろ楽しみではあるけど時間が。

まあそんなかんじでー、。
[PR]
by naka-mr | 2011-10-10 15:14