こころ寒くてもだんご汁食べればあったまるよ!!、、、>ブログ。


by naka-mr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2011の2期目の報告

もう七月の終わり際だけど、
前期番組のまとめとかやってみる。


「そふてに」
これといってなんとも、、、
意外にちゃんとソフトテニスやってたような気もしないでもなく。
まあ気楽に見れましたけど、ドロップしてても良かったかも。

「神のみⅡ」
原作の漫画は読んでたけど、
映像化する上での演出とか良かったと思います。
ネタ知ってても楽しめるのはすごいことだと。
あとこれ見てるとゲームやりたくなるのはサブリミナル?
当たり前のように3期の予告やるのは予想どおりでした。

「俺たちに翼はない」
超楽しかった!!
面白いかどうかはおいといて。
伝説のブルマ談義、ナチュラルセクハラ発言とかフェティッシュな会話とか。
それだけで満足でした。

「星空へかかる橋」
ゲーム原作青春系。
王道と言えばそうだけど、それがいい。
思いのほか面白かったので、2期続けてたら嬉しかったけど、
さすがにそれはなかった―か。
でも1クールでうまくまとめてあったと思いました。

「30歳の保健体育」
あんまり実用的な内容ではありませんでした。
ストーリー上仕方なかったのだろうけど。
そこらへんは本でも読んで保管するか、、、
DVD版でも立木文彦さんボイスはカットしないといい。

「あの花略」
周りが騒いでるほど面白くはなかったです。
というか最初から最後まで予想通りでなんだか―
まあそうするしかなかったんだろうけど。
あからさまに狙ってる感が引っかかるというか。
なによりも死んだ人間が黄泉がえってる、っていうはずるいと思うので。

「電波女と青春男」
正確なタイトルは、電波女達と青春男、ですよね。
前半は微妙な感じだったけど、
後半の追い上げが素晴らしかった。
良い青春系。
どこに向かっていたのかはおいといて、いい締め方でした。

「まりあほりっくあらいぶ」
え、、、普通に終わった?
途中、というか常時やり過ぎてたのに最終話でいい話にもってったのは予想外。
コメントしづらいけど、今期もばっちり面白かったです。
OPをそろそろ練習し始めよう。

「Gosick」
舞台が20世紀前半なのは周知でしたし、
世界大戦が話にかかわってくるのも前半から匂っていたものの。
ガチでそれが入ってくると若干無理やりな気がします。
後半おいてけぼり気味でした。
あと彼らがホントにゴールインするとは、とまあこれは心の叫び。

「Aチャンネル」
きらら的に面白かった。
最近こういうのを日常系、というらしいけど、
タイトルがそのままのアレより格段に面白いと思います。
とういうかそっちの方がコケ気味なのだっけ?
まあいい気味―、と駄洒落てみたり。

「ドロロンえん魔くんM」
昭和系のネタが面白いけど、
現在だと深夜枠になるのは時代を感じます。
それとなく勇者王ネタ仕込んでくるのはツボでした。
あと宍戸留美さんはやっぱり好きです。

「シュタインズゲート」
前半終了、後半に移行しました。
だんだんと話が膨らんできてこれからどうなるの―て楽しみです。
まあ途中報告で。



一気に行ったけど、
まとめると今期も変わらず面白いのありました。
でもこれだ!!と抜きんでるのはないような。
「俺つば」「星空」はゲーム原作補正かかってるからーて感じもするので。
まあまったりしていた、てとこ。


そして来期、というか夏期もう始まってるので。
早めに開始市長報告でもしときましょか。
ふかく考えずに書きなぐる感じでもいいか。

まあそんな以下略、。
[PR]
by naka-mr | 2011-07-24 11:32